色々な薬と薬のケース

ダポキセチンは早漏治療薬として用いられていて、脳の興奮状態を抑える効果があるので、射精するまでの時間を2倍から3倍にすることができます。
SSRIはうつ病などの治療に用いられる薬ですが、セロトニンに働きかけて不安や緊張を抑えるので、セックスをするときの興奮を弱めることができます。
この薬は副作用として射精障害があったのですが、それを早漏治療に利用しているので、ダポキセチンを服用すると多くの人が射精までの時間が長くなります。
しかし正常な人がダポキセチンを服用すると挿入している時間が長すぎて勃起を維持できなくなるので、ダポキセチンとバイアグラを併用する場合もあります。
世界的にも人気のある薬ですが、早漏治療のために服用するよりも長時間セックスを楽しむのを目的として服用するほうが多いとされていて、インターネット個人輸入代行業者などを利用して安い価格でジェネリック医薬品を手に入れる人が多くなっています。
問題点としては未成年が服用すると脳が未発達なために極度の興奮状態になることがあるので、必ず20歳以上の成人が服用しなければなりません。
また毎日服用を続けていると断薬時に頭が痺れたり、目眩や立ちくらみを感じるので飲む量を少しずつ減らさなければなりません。
注意点としては精神科や心療内科などでSSRIの薬を処方されている場合には脳の同じ部分に作用することで過剰摂取になるので、自分が服用している薬の中にSSRIの成分がある場合にはダポキセチンを服用することはできません。
また他のSSRIでも同様に射精障害が起きるので、ダポキセチンを服用する必要性がありません。
人によってはダポキセチンの服用で射精が遅くなりすぎる場合がありますが、効果が切れれば元に戻るので心配ありません。

記事一覧

現在早漏症患者の男性が増える中、その対策として効果的といわれている成分にダポキセチンがあります。 ド...

これまで早漏症で悩む男性でダポキセチンの成分が配合された薬を服用しているという人も多いかと思います。...

ダポキセチンはSSRIの薬で服用することで脳に直接作用するので、不安や緊張を軽減して、射精時間を長く...

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ