• ホーム
  • ダポキセチンは副作用が軽い

ダポキセチンは副作用が軽い

心配している男性

これまで早漏症で悩む男性でダポキセチンの成分が配合された薬を服用しているという人も多いかと思います。
ダポキセチンはヨーロッパの多くの国々で早漏治療に良いとされ国で認可されており、配合された医療薬が多く普及しています。
現在では早漏予防のために服用する男性が多いダポキセチンですが、以前はうつ病患者が抗うつ剤として服用する薬の成分として知られていました。
しかしこのダポキセチンが配合された抗うつ剤を服用していた多くの男性患者から射精が遅くなるという報告を受け、現在のように早漏に対する薬の開発がされるようになりました。

このダポキセチンは正しい用法・用量を守れば比較的安心な成分ですが、副作用が軽い成分として知られています。
しかしその副作用で生じる症状は多く、個人差はありますが一部のケースでは重症になる場合もあります。
その症状の内容としては吐き気やめまい・頭痛に下痢などが挙げられ、じんましんや疲労感・不眠といったものまで症状はさまざまです。
これらの副作用は通常であれば1時間程度で治るといわれていますが、万が一症状が悪化していくのであれば処方してもらった医師に必ず相談して対応してもらうようにしましょう。
用法・用量の誤った使用によって副作用が生じる場合もあり、ダポキセチンを服用する際にはいろいろ注意が必要になってきます。
その一例として、ほかに常用している薬との飲み合わせが悪かったために身体に悪影響が出てしまったというケースもあり、医師に現在の状態を詳しく相談した上で服用するようにしましょう。
以上のことからダポキセチンの服用による副作用が軽いからと過信せずに利用する際には適切な服用をするようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧